福岡県にある真言宗寺院です。各種法務を賜ります。

● お盆

 現在の私達の生活において神社やお寺はとても身近な存在です。

 

 特に、仏教を語源とした言葉も数多く存在します。

 

 例えば、無事・有頂天・退屈・未曾有・億劫・修羅場・金輪際等などたくさんあります。

 

 また、一年を通してお彼岸やお盆といった年中の行事とも深く関係しております。

 

 そこで、仏教を通して現世の私達がさらに「幸せ」となるために何が必要なのか。

 

 その大切なキーワードになるものは何かを探ってまいりたいです。

 

● お盆

 お盆とは、サンスクリット語の「ウランバナ」の漢訳、正式には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といいます。太陰太陽暦である和暦(天保暦など旧暦という)の7月15日を中心に日本で行なわれる、祖先の霊を祀る仏教行事です。

 

 お盆の由来には諸説ありますが、『盂蘭盆経』に説かれるお話が有名です。

 

 ある日お釈迦様の弟子の目連尊者が、自身の母親が死後の世界で餓鬼道に堕ち飢えに苦しんでいる姿を偶然に知ってしまいます。

 

 非常に心を痛めた目連尊者は、お釈迦様に母を救う方法(教え)を請い、その言葉に従って僧侶や多くの貧しい人々に布施や供養をたくさん施しました。すると、その善行(功徳)により母親は無事に極楽浄土へ赴くことができたということです。

 

 以来、目連が多くの人に施しをした7月15日はご先祖様や亡き故人を偲び供養を施す大切な日となったと伝えられています。

 

 お盆の時期にはお寺で「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という法要が執り行われます。また各家庭では故人の霊を迎え入れる準備のためのお供えや提灯などが飾られます。

 

 お盆の時期は、家族皆が一堂に介しご先祖様に感謝の気持ちを捧げます。

 

● 施餓鬼(せがき)

 施餓鬼とは、生前の悪行等によって六道の三悪道のひとつ「餓鬼道」に堕ちた亡者や、あるいは、無縁仏となってさ迷う霊魂達に施しを行う、善行(功徳)を積む仏教行事のひとつです。『 救抜焔口餓鬼陀羅尼経(くばつえんくがきだらにきょう) 』というお経に由来しています。

 

 ある日、阿難尊者((お釈迦様の十大弟子) が深い瞑想に入っている時、口から火を吐く恐ろしい餓鬼が突然目の前に現れ、「お前は3日後に死んで、我々と同じくとても苦しい餓鬼道に堕ちる」と言い放ちました。

 

 その後、お釈迦様の言葉に従って阿難尊者は、三宝(仏・法・僧)に供養し、餓鬼達に食べ物や飲み物を施しました。すると、その功徳によって、餓鬼も、阿難尊者自身も無事に救われたということです。

 

 今日でも、無限地獄のような苦しみにあえぐ「餓鬼」や「亡者」(死してなお成仏できずに冥途 (めいど)に対して、食べ物や飲み物などの供物を施す施餓鬼法要が全国の各寺院で様々な形で執り行われております。

 

 こうした施餓鬼供養での善行は、現世の今を生きる我々はもとより、大切なご先祖様や、ひいてはこれから続く後世の人達にも普く平等に幸せ伝えられる「大いなる幸せ」です。

 

● 無財の七施

 一般的に、「布施」は大別して次の3つがあります。「財施」(ざいせ):財による布施(ex.募金活動など)、「無畏施」(むいせ):不安や恐怖から解放してあげる布施(ex.悩みなどの相談を聞いてあげる)、「法施」(ほうせ):仏の教えを説いたり、与えたりする布施(ex.説法など)等です。特に、「お布施」と聞くと金銭的なものを思い浮かべがちですが、心ひとつでできる「ほどこし」(恵み与える)もあります。

 

 

 ● 眼施(がんせ・げんせ)・・・温かい眼差しで接すること

 

 ● 和顔施(わげんせ) ・・・ 笑顔で人に接すること。

 

   ※ 和顔悦色施(わげんえつじきせ)

 

 ● 言辞施(ごんじせ) ・・・ やさしい言葉で接すること。

 

   ※ 愛言施(あいごせ)

 

 ● 身施(しんせ)・・・労働で奉仕すること。

 

 ● 心施(しんせ)・・・思いやりの心で接すること。

 

 ● 床座施(しょうざせ)・・・席や場所などを譲り施すこと。

 

 ● 房舎施(ぼうじゃせ)・・・自分の家などを与え施すこと。

 

 

 これら無財の七施は誰でもできる素晴らしい功徳、まさに「仏道修行」(自分を磨く)そのものなのかもしれません。今日からはじめる素敵な「お布施」、いかがでしょうか。

 

● 各種法務のご依頼

真言宗密蔵院(福岡)


 
ホーム 慶祐ブログ 護摩祈祷・祈願 慶祐プロフィール お問い合わせ